YUKIの子供は3人!長男の突然死の真相。精一杯歌う姿にファンも感涙。

Pocket

元・JUDY AND MARY(以下、JAM)のYUKIさんは2000年に真心ブラザーズのYO-KINGさんとご結婚されました。

そして、2003年に第一子が産まれ、31歳で母になっています。

現在、三男までいらっしゃいますが、残念ながら長男は亡くなっています。

今回は長男の死の真相や、当時のYUKIさんの心境や変化、また、次男三男の現在の様子についてまとめました。

 

 

YUKIの子供3人のプロフィール

YUKIさんの子供は3人とも男の子です。

 

息子の名前や顔は非公開

 

YUKIさんは子供の名前や顔は公開していません

一部で子供の名前は「響(ひびき)」「大地」だという声もありますが、はっきりとしたソースもなく、信ぴょう性は低いです。

公にTwitterやインスタグラムもされていないので、子供を抱いている写真や後姿なども出回っていません

 

生年月日

長男:2003年4月生まれ(1歳11か月)

次男:2006年8月生まれ(14歳)

三男:2009年5月生まれ(11歳)

 

YUKIさんが31歳、34歳、37歳の時にそれぞれ出産されています。

 

 

長男の死について

2005年3月、YUKIさんは公式サイトに手書きの文書を掲載。

出典元:ソニーミュージック

 

「今日は、かなしいお知らせをしなければなりません。」から始まったその文書は、長男の突然死を報せるものでした。

 

SIDS(乳幼児突然死症候群)が原因

 

SIDSとは「健康な赤ちゃんが眠っている間に突然死してしまう病気」のことです。

なんの予兆もないまま亡くなってしまう病気で、厚生労働省によると、乳児期の死亡原因の第4位となっています。

日本だけでも年間500人以上の赤ちゃんがこの病気で亡くなっており、2000人に1人の割合です。

原因不明の病気ですが、うつ伏せで眠ることが最も危険視されています。

 

他にも

・枕を使わない

・受動喫煙をさせない

・母乳で育てる

など、原因は不明ですが、発生確率を減少させる手立てはある病気です。

 

 

 

 

昨日まで元気だった赤ちゃんが、突然亡くなっていたなんて、想像するだけでも心が苦しいです。

 

 

YUKIのタバコとの関係は?

YUKIさんは意外にも喫煙者だった過去があります。

今はもうやめていますが、JAM時代はセーラム、JAMデビュー前はラッキーストライクを愛煙されていました。

そんなこともあり、「長男がSIDSで亡くなったのはタバコが原因では?」と言う人がいたのですね。

厚生労働省によると、父親と母親が両方とも喫煙者の場合はSIDSの発症率は約4.7倍になるそうです。

 

YUKIさんがいつタバコをやめたのかは定かではないですが、妊娠中や授乳中は吸っていないでしょうし、そもそも原因不明の病気ですから、とやかく言うことでもないでしょう。

どちらにせよ、タバコは大人にも良くないので、吸わないに越したことはないですね。

ちなみに、旦那のYO-KINGさんは非喫煙者です。

 

 

亡くなった長男のことを歌った曲

YUKIさんが「これは亡くなった長男のことを想って書いた詞だ。」と明言されていない曲もありますが、長男と関係あるんのではないかと思われる曲を紹介します。

 

長い夢

 

2005年4月27日、長男が亡くなってからすぐに発表された曲。

一度別の形で完成していましたが、長男の死を受けて、歌詞を書き直したそうです。

YUKIさんがライブで「息子のことを想って書いた」と発言しており、最初に発表された時、曲のタイトルは「長い夢」ではなく「バイバイ」でした。

キャッチーな曲調ですが、どこか悲しさがある不思議な曲です。

 

 

歓びの種

 

長男が亡くなってから初めて1から作られた曲。

「この時はとても詞を書ける状況ではなく、とても苦しかったけど、周りに励まされてなんとか書けた」と語っており、当時のYUKIさんの心境が最も反映されている曲なのではないでしょうか。

ライブでこの曲が歌われる時、YUKIさんはよく涙ぐんでいました。

 

自身に言い聞かせている節もあると思いますが、とても前向きな曲です。

「当時は複雑な気持ちだったけど、今はとても大好きな曲になった」とYUKIさんもおっしゃっています。

 

同じ手

出典元:Amazon

 

「歓びの種」以降、曲に自分を投影することが苦しくなったYUKIさんは「フィクション期」に入ります。

この頃は曲ごとに別人格になりきり、自分を抑え込んだ曲作りをしていたそうです。

後に「自分自身から逃げていた」と語られていて、とてもツラい時期だったことがわかります。

 

シングル「メランコリニスタ」あたりからYUKIさんの書く歌詞が“フィクション期”に入っていきました。これはシングル「ワンダーライン」くらいまで続くのですが、それを経て制作された楽曲が「汽車に乗って」。
引用元:ガジェット通信

 

長いトンネルを抜けたYUKIさんは「汽車に乗って」以降、再びプライベートな歌詞に戻ります。

そして、2010年3月に発表されたアルバム「うれしくって抱き合うよ」の中には、きっと息子達への想いだろうと感じられる「同じ手」という曲があります。

この頃には三男まで産まれているので、長男一人に対しての歌というわけではないと思いますが、とても温かみのある一曲です。

 

AIR WAVE

出典元:Amazon

 

こちらも「亡くなった長男のことを歌ったのではないか」と言われることがあります。

 

私の声は風に乗り あなたの部屋に届くから 今日は泣いてる人達も 窓辺で笑いあえるはずだから
引用元:うたまっぷ

 

この部分が息子さんに向けた詞に感じることが理由のようです。

しかし、「AIR WAVE」は2004年8月リリースのシングル「Home Sweet Home」のカップリング曲なので、時期的に関係ないと思います。

 

長男が亡くなった後のYUKI

長男の死後、公式サイトにアップされた文書は「彼の分までしっかりと、生きていこうと思います。」と前向きな言葉で締めくくられていました。

その言葉の通り、直後のライブもキャンセルすることなく、ステージに立ち続けました。

 

出典元:Amazon

 

「33年間生きてきた中で一番辛かった」と語ったYUKIさんですが、歌い続けることで自分を保っていたようにも思えます。

後悔して、過去にすがりつくのではなく、前を見て、今を生きる姿は心に響くものがありました。

 

 

長男のこともあり、その後の出産は、すごく勇気がいったと思いますが、無事に第二子・第三子ををご出産され、現在は家族4人の幸せな家庭を築かれています。

 

今後の音楽活動については「今までどおり、家族の生活を最優先にしたペースで続けていきたい」としており、ファンに向け「引き続き温かく見守っていただければ幸いです」と結んでいる。

引用元:oricon

 

出産後から家庭を第一に活動されていますが、長男が亡くなられてからはよりプライベートを重視するようになり、メディアへの露出はだいぶ減りました。

 

次男・三男の通っている学校・子育て方針やエピソードなど

現在、次男は14歳の中学生、三男は11歳で小学生です。

YUKIさんは以前、ご自身の著書の中で目黒区に住んでいると書かれていましたが、現在は引っ越している可能性もあります。

都内には住んでいらっしゃるようなので、都内のどこかの私立だと思います。

YUKIさんもYO-KINGさんもブログなどはやっておらず、インタビューでも子供の話はNGになっているのか、私生活はわかりません。

お子さんが大きくなって芸能界デビューするのを待ちましょう。

 

 

まとめ

さてさて、いかがだったでしょうか。

それではポイントをまとめますね。

 

今日のポイント

・YUKIさんの子供は息子が3人。

・長男は1歳11か月の時にSIDSで亡くなっている。

・息子のことを歌ったと思われる曲もある。

・子供についての情報は一切公表していない。

 

旦那のYO-KINGさんとの関係について知りたい方はこちらの記事もおススメです。

YUKIと旦那・YO-KINGの略奪婚は真実か徹底調査!YUKIの人生観を変えたYO-KINGの生き方がかっこいい!

2020年8月15日

 

こちらでは現在のYUKIさんについて書いています。

YUKI の2020年現在の劣化が悲しいと言われる真相!劣化と言われた理由とそれがデマと言い切れる根拠を公開!

2020年8月22日

 

 

以上、うわさがたりに最後まで付き合っていただき、ありがとうございます。

ではでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)